農業分野

JGAP

農業生産工程管理 (Japan Good Agricultural Practice)

農産物の安全性向上と環境保全型農業を実践するため、「工程管理に基づく品質保証」の考え方を農業現場に導入したものであり、食品事故などの問題を農場が起こさないよう未然に防ぐ管理手法。

(メリット)

  • 適切な農場管理の実現による、①食の安全 ②環境保全 ③労働安全の向上
  • 農場の作業効率化による、経営改善や品質向上、技術の継承
  • バイヤー・消費者への信頼性向上

(対象とする組織)

  • 信頼性の高い生産管理体制を構築したい農業者(個人・法人を問わない)
  • ブランド力を強化して市場参入したい農業者
  • 海外輸出を目指している農業者

GGAP

グローバルGAP (GLOBAL GAP)

ヨーロッパの小売業組合が開発したGAPの基準・制度、ヨーロッパの小売業を中心に認証取引が取引の基準となっている。

(メリット)

  • 適切な農場管理の実現による、①食の安全 ②環境保全 ③労働安全の向上
  • 農場の作業効率化による、経営改善や品質向上、技術の継承
  • バイヤー・消費者への信頼性向上

(対象とする組織)

  • ブランド力を強化して市場参入したい農業者
  • ヨーロッパに輸出を目指している農業者

実績

ISO等認証取得支援の実績はこちら

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

このページのトップ