本年も初夏から豪雨のニュースが多く聞かれたことに引き続き、いよいよ台風シーズンに突入します。近年、豪雨や台風などの水災は、件数の増加に加え規模が大きくなっており、その被害はこの10年で2.6倍になっています。新型コロナの影響による手元資金の流出に不安を持つ経営者の悲鳴も多く聞かれましたが、その影響が色濃く残る中でも豪雨・台風は日本列島を襲います。近年の豪雨・台風の傾向と災害から事業を守るBCP・リスクファイナンスについて、多くの災害対応の経験を持つ講師が説明します。是非、ご参加いただきたくご案内申し上げます。

開催要項

日  時
2020年8月21日(金)14:00~16:00(13:30受付開始)
会  場
水戸ノースフロントビル9階会議室(水戸市宮町1-3-41)
講  師
堀内伸氏(東京海上日動火災保険株式会社 海上業務部 次長)
定  員
50名(先着順)
参 加 費
無料
申込方法
申込記入欄に必要事項を記入の上、FAXにてお申し込みください。
主  催
株式会社常陽産業研究所

セミナー内容

  1. 新型コロナで見えてきた事業継続のための課題
  2. 自然災害に備える
  3. ・近年の自然災害の傾向

    ・企業の台風対策の意識と現状

    ・中小企業強靭化法

  4. BCPとリスクファイナンス

講師ご紹介

堀内ほりうち  しん

1991年 東京海上火災保険株式会社(現 東京海上日動火災保険株式会社)入社。
法人の営業部門を経て2009年より海外部門にて、東京海上グループの海外展開事業を担当。
シンガポールの中間持株会社Tokio Marine AsiaのVice Presidentを経て2014年より現職。

お申し込みはこちら

本セミナーに関するお問い合わせは、
下記までご連絡ください。

株式会社常陽産業研究所 研修事業部 担当:滝澤・清野

029-233-6732

このページのトップ