これだけの情報洪水の中で、いかに中小企業がオンリーワン企業として顧客に選ばれるか?

メディア取材はその価値判断に最も大きく寄与することは紛れもない事実です。

本セミナーでは、取材価値を一過性では終わらせずに永続的に生かす技術、業界初「2次利用マーケティング」のノウハウを、第一線で活躍する現役プロデューサーが余すことなく披露し、テレビPRをマーケティング・経営者の目線から紐解きます。

開催要項

講 演 者
大林 健太郎 氏
(千葉テレビ放送(株) プロデューサー)
開催日時
2017年6月8日(木)14:00~15:30(受付開始13:30)
会  場
常陽郷土会館 2階 201号室(水戸市三の丸1-5-18 ※水戸中央郵便局の裏)
定  員
30名
参 加 費
無料
申込方法
参加申込票に必要事項を記入の上、平成29年6月5日までにFAXにてお申し込みください。お申込みをいただいた時点で手続き完了となります。
  • 先着順でお受けし、定員に達し次第、募集を終了いたします。
    締切り後にお申込みの際には、弊社よりご連絡をさせていただきます。
お 願 い
講演の録音・録画はご遠慮ください。
やむを得ない事情により、予定を変更させて頂くことがございます。あらかじめご了承ください。
主  催
株式会社常陽産業研究所
共  催
千葉テレビ放送株式会社

主なプロデュース番組

  • 「東国原英夫のそのまんまでは通しません」
  • 「東京ダイナマイトのポタビだよ全員集合」
  • 「ナイツ、ねづっちなぞかけ対決」
  • 「ビジネスフラッシュ(サッカー解説者松木安太郎)」
  • 「小島よしお、ナイツの今夜モンドラやろうぜ」

他多数プロデュース。

お申し込みはこちら

本セミナーに関するお問い合わせは、
下記までご連絡ください。

株式会社常陽産業研究所 研修事業部 担当:多田
TEL:029-233-6732 FAX:029-233-6724
E-mail:jir-tada@joyonet.co.jp

このページのトップ